エラの整形による効果

エラの整形を検討している人へ

フェイスラインはその人の顔の印象を決める上でとても大切な要素でもあります。その中でもエラの大きさや形でお悩みの方に、美容整形手術の概要やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

エラの整形とは

エラとは、下あごの角である部分のことで、この部分が出っ張っていたり顔の大きさでお悩みの方がいます。エラが出ていると、顔を正面・横から見たときに角ばって見えるので、きつい顔の印象・男性的な見た目になりやすいです。そのため、この部分を整形することで、女性らしい丸みを帯びた卵型のフェイスラインになるので優しい雰囲気の顔立ちになります。また四角形の顔から卵型になることでほっそりとした小顔効果も手に入れることができます。エラの整形には骨を削る方法と、筋肉部分に対してアプローチをかける方法の2種類があります。なお、この手術は頬や顎部分の手術と併用されることもあるため、顔の印象を大きく変えられるのが特徴として挙げられます。

エラ骨削り手術とは

エラ骨を削る整形手術は、口の中から行います。そのため、顔の表面からは手術をした跡が見えないのが特徴です。口の中から、外板を切除して下あごの角部分の骨切りや削りを行います。この段階で、患者の希望するフェイスラインになるように整えていきます。
この手術は、口の中から行うので視界が狭く、高度な技術を必要とされます。したがって経験・技術共に豊富なドクターに施術してもらうことと、エラ削り手術に関する症例数の多いクリニックを見つけることが大切です。
なお、この手術で起こりうる失敗例やリスクは、思ったより変化を感じられない・または削りすぎて違和感があるといった仕上がりに関するケースです。このようなトラブルを避けるためにも、治療計画をしっかりと立てることが肝心です。

エラボトックス注射の概要

エラ部分にはボトックス注射といった整形手術もあります。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌と呼ばれるたんぱく質の一種を注射することでフェイスラインを整える方法です。ボツリヌス菌は筋肉部分に注射されると、弛緩される作用があります。したがって、エラ部分の筋肉が発達しすぎていることが原因でエラが張っている人には効果があります。
この方法は、注射器のみを使う方法なので短時間かつ患者に費用面・身体面で負担の少ない方法なのがメリットです。
デメリットとしては、この効果が永久的ではないという点です。通常1年から1年半くらいの持続期間とされているので、続けて小顔効果が得たいという人は、定期的に注射をしなければなりません。